【入門】PythonのサーバーサイドWebフレームワークを解説【今、PythonによるWebアプリ開発が熱い】

python サーバサイド webフレームワーク

 

 

  • PythonでWebアプリケーション開発してみたい
  • AIアプリを作りたい
  • PythonでオススメのサーバサイドWebフレームワークを知りたい
  • どうやって勉強すればいいの?

 

Check!
  • Aidemy  >> Python、AI、機械学習、深層学習を専門とするオンラインプログラミングスクール!

まずはオンライン無料相談!

 

 

  • PyQ    >> Pythonの学習サイト! AI、機械学習、Webアプリ、スクレイピングが学べる

click here

 

 

Pythonは、AI開発、機械学習を行えることで有名ですが、他にもできることはたくさんあります。例えば、Webアプリケーションの開発やスクレイピングといったことです。

この記事では、PythonによるWebアプリケーション開発について解説します。Webアプリケーション開発を行う際、Webフレームワークというものを使えば、簡単に効率よく開発を行うことができます。

Webフレームワークは、様々な言語ごとに存在しますが、その中でもPythonは今オススメできる言語です。

そして、PythonのWebフレームワークでオススメのものは、DjangoとFlaskです。

この記事を最後までは読めば、PythonのWebフレームワークDjango、Flaskについて解説し、Pythonが今Webアプリケーションを開発する上でオススメできる理由についても解説します。

そして、オススメの勉強法についても解説するので、PythonのWebフレームワークのスキルを身に付け、Webアプリケーション、Webサービスを作るまでのイメージを掴むことができるでしょう。

 

1.PythonのサーバサイドWebフレームワーク

 

Webアプリケーションの開発では、サーバサイド(=バックエンド)とクライアントサイド(=フロントエンド)の開発を行う必要があります。

クライアントサイドは、クライアント側のことです。つまり、我々が見ている画面に関してプログラミングを行います。

それに対し、サーバサイドは、サーバ側のことです。我々が入力したデータに対して行う処理、データベース操作などに関してプログラミングを行います。

PythonのWebフレームワークは、サーバサイドの開発を行います。そのため、サーバサイドWebフレームワークと呼ばれたりもします。

PythonのWebフレームワークでは、5つの有名なサーバサイドフレームワークがあります。

  1. Django
  2. Flask
  3. bottle
  4. Tornade
  5. Dash

 

その中でもDjangoまたはFlaskがオススメです。理由としては、人気でよく使われる、学習教材が多いということです。

人気がなく、あまり使われないものを習得しても、自分一人だといいですが、チームで開発するときを考え、人気なもの、よく使われるものを身に付けておいたほうが無難です。

学習教材が多いことも重要です。例えば、チュートリアルが難しい、日本語の教材が少ないという場合だと、なかなか学習を進めることは困難といえるでしょう。

DjangoとFlaskの比較としては、機能性では、Django > Flask習得のしやすさでは、Flask > Djangoといったところです。

 

2.代表的なPythonのWebフレームワーク① Django

 

読み方は「ジャンゴ」です。PythonのWebフレームワークの中でも機能が多く備わっており、「フルスタックフレームワーク」とも呼ばれています。

多くの機能が備わっているため、色々なことを簡単に効率よく実装でき便利です。しかし、その反面、学習が大変ということになります。

電化製品をイメージしてもらうとわかりやすいと思いますが、多機能のものだと色々できることが多く便利である一方、使い慣れるのに時間がかかるといったようなものです。

InstagramもDjangoを使用しており、世界で人気の高いPythonのWebフレームワークで、日本でも近年、どんどん人気が高まっています。

 

3.代表的なPythonのWebフレームワーク② Flask

 

読み方は「フラスク」です。PythonのWebフレームワークの中でも機能が必要最低限のみが備わっていることから、「マイクロフレームワーク」とも呼ばれています。

必要最低限の機能のみであるため、Djangoより動作が軽いという特徴があります。これは、余計な機能がないためです。

また、習得しやすいということになります。これも電化製品をイメージしてもらうとわかりやすいと思いますが、Djangoとは逆に、機能は多くなくシンプルなものは、それ故にすぐに使い慣れるといったようなものです。

習得のしやすさから、FlaskはDjangoより初心者向きといえるでしょう。まずは、FlaskでちょっとしたWebアプリケーションでもいいので作ってみて、Webアプリケーションとはどういうものか、どうやって作られるのかを知ると良いでしょう。

 

4.RubyやPHPのWebフレームワークではなく、PythonのWebフレームワークがオススメできる人

 

RubyやPHPでもWebアプリケーションのサーバサイドは開発されています。有名どころのサーバサイドWebフレームワークは、RubyのRuby on RailsやPHPのLaravelといったところです。これらのWebフレームワークが今まで主流で、人気が高いです。

 

web フレームワーク 2020 トレンド おすすめ 【2020年トレンド】Webフレームワークのオススメは、ずばりコレだ!オススメの勉強法も紹介

 

そんな中、近年、Pythonが人気になってきています。Pythonは、AI・機械学習の分野では主流で、データ分析、スクレイピングといったことも、たくさんのライブラリが備えられていることから、簡単にできるようになっています。

そのため、AI・機械学習、データ分析、スクレイピングといったものに関するWebアプリケーションは、サーバサイドの部分も同じプログラミング言語Pythonで行おうという流れがあります。

これらの状況を含め、PythonでWebアプリケーションのサーバサイドを開発すべきなのは、

  1. アプリの中身がPythonで記述されている
  2. AI・機械学習に関する機能を含むWebアプリケーション
  3. スクレイピング機能を含むWebアプリケーション

といえるでしょう。

また、既にPythonを習得済みの人も、プログラミング言語の文法の習得という最初のステップを省略できることからオススメできるといえるでしょう。

 

5.効率的な勉強法

 

5-1.プログラミングスクール「Aidemy」

 

最短で習得したいなら、詳しい人から教わりながら、挫折せずに学び続けることが重要です。そのため、プログラミングスクールがオススメで、その中でもAidemy がオススメです。

Aidemy Premium Planの「AIアプリ開発コース」では、AI・ディープラーニングを使用した画像認識について学びながら、Flaskを学ぶことができます。

PythonのWebフレームワークを学びたいという人のなかでAI・機械学習に関しても学んでみたいという人は多いのではないでしょうか。

また、Aidemyは、パーソナルメンター24時間以内返信のチャットサポートのもと学ぶことができます。受講内容を自分でカスタマイズすることも可能ですし、教材外の対応もしていただけるので、「こういったものを作りたい」というものがある人にもオススメできます。

最短3ヶ月、480,000円(学生なら420,000円)で学ぶことができます。

不安な部分、気になった部分があれば、オンライン無料相談も行っているので、聞いてみるといいでしょう。

まずはオンライン無料相談!

 

Aidemy 評判 Aidemy(アイデミー)の評判は?メリット・デメリット・料金体系も徹底解説!【Aidemy Premium Planがオススメ】

 

5-2.Python学習サイト「PyQ」

 

プログラミングスクールの次にオススメなのが、学習内容が整理されており、質問も可能なPython学習サイトPyQ です。

PyQに関しても、Django、Flaskだけではなく、Pythonの文法、AI・機械学習、スクレイピングまで月額3,040円で学ぶことができます。質の高い教材ばかりで、Pythonの文法すら分からないという人でも、PyQだけでAIアプリを作ることができます。

環境構築の必要もなく、すぐに学習を始められるため、環境構築で時間を取られたり、挫折することもありません。また、月額8,130円のスタンダードプランでは、現役のPythonエンジニアに質問を行うことができるため、エラーが出ても安心です。

click here

 

pyq 評判 PyQ(パイキュー)の評判は?メリット・デメリット・料金体系・受講方法についても徹底解説!

 

5-3.動画学習サイト「Udemy」

 

Udemyは動画で学びたい人にオススメです。Udemyは、PythonのWebフレームワークに関する良い動画コンテンツがあります。

Djangoであれば、「プログラミング初心者でも安心、Python/Django入門講座 」がオススメです。16時間にも及ぶ講座で、Pythonの文法からDjangoによるWebアプリケーション開発、公開まで網羅的な内容となっています。講座の中で、社員管理システム、ブログ、動画投稿サイト、手書き数字の判別アプリを作ります。

Flaskであれば、「【画像判定AIアプリ開発・パート1】TensorFlow・Python・Flaskで作る画像判定AIアプリ開発入門 」がオススメです。画像分類AIの作成、FlaskによるAIのWebアプリ化を学ぶことで、AIアプリを作成していきます。AIもFlaskも学びたいという人には非常にオススメできます。

また、Udemyは買い切りであるため、再度見たい、復習したいというときも安心です。

 

6.まとめ| PythonでオススメのWebフレームワークはDjango or Flask

 

PythonによるWebアプリケーションのサーバサイドの開発は、近年人気が高まってきています。これは、AI・機械学習との親和性からです。

AI・機械学習に関する機能を含むWebアプリケーションなのであれば、サーバサイドの開発もPythonで行おうという流れです。

PythonのサーバサイドWebフレームワークはいくつかありますが、その中でもDjangoとFlaskがオススメです。機能の多さなど違いはありますが、習得の速さから、まずFlaskでちょっとしたWebアプリケーションを作ってみると良いでしょう。そして、多機能なDjangoに触れると良いでしょう。

プログラミングスクールAidemy やPythonの学習サイトPyQ などを利用して、効率よく習得し、Webアプリケーションを開発しましょう。