PyQ(パイキュー)の評判は?メリット・デメリット・料金体系・受講方法についても徹底解説!

pyq 評判

 

  • PyQってどうなの?
  • PyQの評判は?
  • PyQのメリット、デメリットは?
  • 機械学習に興味がある、勉強してみたい

 

この記事を読んでいるあなたは、オンラインプログラミング学習サイトPyQ(パイキュー)に興味を持っているのではないでしょうか。

PyQは、今非常に盛り上がっているプログラミング言語Python、機械学習(AI)を学べることから高い注目を集めています。

結論、Python、機械学習(AI)に興味がある、学びたいと思っている方には非常におすすめできるプログラミング学習サイトです。

この記事では、Progateやドットインストールといったオンラインプログラミング学習サイトとも比較しつつ、PyQのメリット、デメリットを見ていきます。

 

この記事を最後まで読めば、PyQ(パイキュー)について完全に理解することができ、受講すべきか判断することができるでしょう。

1. PyQ(パイキュー)とはPython、機械学習を学べるオンラインプログラミング学習サイト

 

PyQ(パイキュー)はオンラインプログラミング学習サイトであり、株式会社BeProud(ビープラウド)によって開発されています。BeProudは、10年以上のPythonの実績があり、Pythonのプロフェッショナルといえます。

また、PyQは一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会の推薦も受けており、Python3エンジニア認定基礎試験の参考教材となっています。

つまり、PyQは非常に質の高い信頼できるプログラミング学習サイトなのです。

PyQでは、Pythonの文法だけでなく、機械学習やWebアプリケーション開発といった実務レベルまで学ぶことが可能です。1000問以上の実践的な課題が用意されていて、月額2,980円~と非常に安い価格設定となっています。

また、環境構築なしに、すぐにブラウザで学習を始めるをはじめることができるのも大きな特徴で、以下のように学習を進めていきます。

 

2. PyQのメリット5選

 

PyQ Progate ドットインストール paizaラーニング Udemy Aidemy AI Academy
料金 ライトプラン 2,980円
スタンダードプラン 7,980円
月額 980円
一部無料
月額 980円
一部無料
1か月プラン 月額 980円
6か月プラン 月額 680円
12か月プラン 月額 600円
一部無料
動画によって異なり、
無料のものから有料のものまである
Petit 月額 1,880円
Small 月額 3,480円
Medium 月額 4,980円
Large 月額 6,480円
単独のコース購入も可
月額 980円
一部無料
環境構築が必要ない × ×
質問が可能 × × × ×
Pythonを学べる
Python以外を学べる × × ×
機械学習を学べる × ×
就職対応 × × × × × ×

2-1. 学べるプログラミング言語がPython

 

Pythonは今非常に盛り上がっているプログラミング言語です。一度は耳にしたことがあるのではないのではないでしょうか。

その人気の理由として、大きく2つが挙げられます。

  1. 文法が簡単で可読性が高い
  2. 機械学習やWebアプリケーション開発など多くの分野で使われている。

Pythonは、文法が簡単で可読性が高いことから、プログラミング初心者には非常にオススメできるプログラミング言語です。

また、PyQのコースには「未経験からのPython文法」というものがあります。そのため、プログラミングの「プ」の字が分からないような初心者でも分かりやすくPythonの文法を学ぶことができます。

今話題の機械学習(AI)はほとんどがPythonで作られています。

さらにWebアプリケーションの開発もでき、あのYouTubeやInstagramもPythonで作られています。

そんな人気のプログラミング言語PythonをPyQで学ぶことができます。

 

2-2. 文法だけでなく、機械学習やWeb開発も学べる

 

PyQの大きなメリットとしてPythonの文法だけでなく、機械学習、Webアプリケーションを学べる点が挙げられます。

Progateやドットインストールの場合、Pythonは文法の学習で終わってしまい、機械学習を学ぶことができません。また、Pythonを用いたWebアプリケーション開発も学ぶことができません。ただし、Webアプリケーション開発に関しては、プログラミング言語は違いますが、Progateやドットインストールでも学ぶことは可能です。

つまり、Pythonの文法だけでなく、機械学習、Pythonを用いたWebアプリケーション開発を学びたい人で、PyQかProgateかドットインストールで迷ったら、PyQ一択ということです。

 

2-3. 環境構築がいらない

 

プログラミングを学び始める際には、通常、環境構築が必要です。

ですが、環境構築は時間や労力もかかってしまいます。避けたいところです。

PyQならGoogle Chrome、Firefox、Internet Explorerなどのブラウザで環境構築なしに学習をはじめることができます。

つまり、いつでもどこでも、その場にパソコンがあれば学習できてしまうということです。

機械学習を動画で学べるUdemyは、手を動かしながら学びたい場合は環境構築の必要となってしまいます。

環境構築なしに学びたいのであれば、PyQがオススメです。

 

2-4. 現役のPythonエンジニアであるプロに質問ができ、PyQに投稿された過去の質問の閲覧もできる

 

PyQは、質問サービスも充実していて、挫折しにくい学習サイトとなっています。

プログラミングを一度は勉強した人なら分かると思いますが、プログラミング学習においてエラーの原因を探すのに大きく時間を取られます。

つまり、PyQを利用すれば、エラーで悩むことなく、短時間でPython、機械学習、Webアプリケーション開発のスキルを身に付けることが可能になります。

注意

月額2,980円のライトプランではなく、月額7,980円のスタンダードプランに申し込む必要があります。

4. PyQの料金体系にて、詳しく解説しています。

 

以下のようにして質問を行います。

 

機械学習を学べるUdemy、Aidemy、AI Academyは質問サービスはなく、質問できる人が欲しい、エラーの連続で挫折したことがあるという方にはPyQがオススメです。

 

2-5.  目標の実績に対して、しっかりとしたコースが用意されている

 

PyQには以下のようなコースが用意されています

  1. 未経験からのPython文法
  2. プログラマー向けPython文法速習
  3. 実務で活かすPython
  4. Webアプリ・API
  5. スクレイピング
  6. 数学とアルゴリズム
  7. データ分析
  8. 機械学習
  9. 統計分析
  10. 数学的アプローチによる問題解決
  11. チャレンジ

プログラミング未経験で機械学習を学んでみたい人がいるとします。PyQを利用しなければ、何から勉強を始めていいかわからない、無駄に本を買ってしまったなんてことになるかもしれません。

しかし、PyQを利用すれば、未経験からのPython文法と機械学習のコースを受ければ、適切な学習順序でプログラミングスキルを身に付け、最終的には機械学習の実績を作れているのです。

 

3. PyQのデメリット4選

3-1. プログラミング言語がPythonしか学べない

 

PyQでは、一部、Webアプリケーション開発のために、HTMLとCSSを触り程度なら学ぶことげできますが、基本的にはPythonしか学ぶことができません。

Python以外の言語を学びたいのであれば、PyQは向いていません。

それに比べ、Progateやドットインストールの場合、Python以外にもC言語、Java、Ruby、PHPといった様々なプログラミング言語を学ぶことができます。

ですが、PyQはPythonに特化しているだけあって、ProgateやドットインストールにはないPythonの標準ライブラリーを学べますし、丁寧な解説がなされています。

 

3-2. 就職、転職のサポートがない

 

paizaラーニングの場合、就活、転職をサポートするサービスがありますが、PyQにはそのようなサービスはありません。そのため、プログラミング学習サイトのサービスを利用して就活、転職を行いたいと考えている方はPyQは向いていないでしょう。

しかし、PyQでは、機械学習、Webアプリケーション開発といった実績を作ることができるので、就活、転職の際、大きな武器となるでしょう。

 

3-3. スマホでの学習は不可

 

Progateはスマホでの学習が可能ですが、PyQはスマホでの学習は行うことができません。そのため、通学中や通勤中などのスキマ時間を使って、スマホでプログラミングの勉強をしたいという方にとってはPyQは向いていません。

 

3-4. 銀行振り込みに対応していない

 

Visa、MasterCardなどPyQの対応しているクレジットカード会社のクレジットカードやデビッドカード、プリペイドカードでの支払いとなります。

そのため、銀行振り込みやコンビニ支払いには対応していません。クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを持っていない方は注意が必要です。

 

4. PyQの料金体系

PyQには2つのプランが用意されています。

ライトプラン スタンダードプラン
料金 月額 2,980円 月額 7,980円
全てのコース
現役Pythonエンジニアであるプロへの質問、過去の質問の閲覧 ×

参考:PyQ 料金・プラン

 

ライトプランがオススメな人
  1. とにかく学習費用を抑えたい人
  2. エラーが出ても、自分でエラー箇所を見つけ、修正できる人
スタンダードプランがオススメな人
  1. 初めてプログラミングを学び始めようと思っている人
  2. 一度、プログラミングを学び始めたけど、エラーが連続して、結局修正できなくて挫折した人。
  3. 短期間で実績を作りたい人

 

基本的には、スタンダードプランをオススメします。国内のPython開発会社としてトップランナーの一社であるBeProudの現役Pythonエンジニアに質問できるサービスをプラス5,000円で追加できるのは、正直言って安すぎます。十数万、数十万のプログラミングスクールでも現役のエンジニアに質問できないといったところもありますからね。

質問サービス、過去の質問閲覧サービスは初心者、挫折者にとっては大きな味方でしょうし、エラーの発見に時間を取られなくて済むので、サクサク進めていくことができ、短時間で実績をつくることができるでしょう。

ライトプランとスタンダードプランで学べる内容は同じです。そのため、自分でエラー箇所を見つけ、修正できる人であれば、値段の安いライトプランがオススメでしょう。

途中のプランの変更も可能です。料金については、契約中のプランの残り日数分が返金され、新しいプランが購入されます。そして、 新しいプランを支払い日までの日割り分の支払いが行われるという形になります。(参考PyQドキュメント:料金、定期購読に関する詳しい説明)

5. PyQの評判

PyQの受講者の実に94%が非常に高い満足度を得ています。(参考:PyQ)

これだけの質の高いコンテンツを月額2,980円~という安さで受講できるのですから、この評価にも納得がいきます。

 

 

プログラミング博士

PyQであれば1000問以上の課題から学べるので、確実にスキルアップが可能ですね。

 

 

プログラミング博士

「未経験からのPython文法」というコースもありますし、現役のPythonエンジニアに質問も行うことができるので、プログラミング初心者、過去に挫折経験があるという方でも、しっかりと基礎から学ぶことができます。

 

 

プログラミング博士

PyQは、初心者レベルだけでなく、機械学習やWebアプリケーション開発といった中級レベルのサポートがされているのも評価が高い点です。

 

 

 

プログラミング博士

悪い評判もあります。

専門用語に関しては、Pythonオンライン学習サービスPyQドキュメントに詳しく解説されていますし、それでも分からないならPyQサポートから問い合わせできるので心配ないでしょう。

 

 

7. PyQの受講方法

 

STEP.1
PyQ のページへ移動し右上の学習を始めるをクリック

pyQ how to attend step.1

STEP.2
アカウントを登録

pyQ how to attend step2

STEP.3
クレジットカードを登録

pyQ how to attend step3-1

pyQ how to attend step.3-2

STEP.4
プランを選択

pyQ how to attend step4

STEP.5
学習開始!

 

8. ITエンジニア、特に機械学習(AI)エンジニアのインターンシップに参加したいなら、PyQで実績作り

 

PyQは、ITエンジニアのインターンシップに参加したいという方にもオススメです。PyQでの機械学習、Webアプリケーション開発の実績は大きな武器となり、他のインターンシップ応募者と大きな差をつけることができるでしょう。さらに機械学習(AI)に関するインターンシップであれば、なおさらです。

PyQを一通り学び、自分なりに開発を行ってみて、ひとつ製作物を持っておくと、さらに他のインターンシップ応募者に差をつけることができます。

 

9. 5万円以上のプログラミングスクールとの比較

 

機械学習を学べるプログラミングスクールはいくつもあります。例えば、以下の通りです。

Aidemy PremiumPlan 3か月 480,000円
6か月 780,000円
TechAcademy
Pythonコース
AIコース
データサイエンスコース
各 4週間 109,000円
8週間 139,000円
12週間 169,000円
16週間 199,000円
Python+AIセット
Python+データサイエンスセット
各 8週間 188,000円
12週間 218,000円
16週間 238,000円
24週間 288,000円
Python+AI+データサイエンスセット
24週間 299,000円
CodeCamp 全てのコースを受け放題
[AI(人工知能)入門、AIアプリ開発(応用)]
入会金 148,000円
月額14,800円(初月無料)

これらのプログラミングスクールは、高価なだけあって、PyQと比較し、しっかりとしたコース内容、メンターサポート、など充実した内容となっています。

ただ、機械学習に興味を持っている、初めて学びたいと思っている方には、なかなか出せる金額ではないと思います。まずは、PyQで一度Python、機械学習を学んでみて、非常に興味を持った、もっと学んでみたいという方はプログラミングスクールでさらにスキルを磨いていってはいかがでしょうか。

 

10 まとめ  | PyQ(パイキュー)はコストパフォーマンスの高いオンライン学習サイト

 

PyQはPythonの文法だけでなく、機械学習やWebアプリケーション開発の実務レベルまで学ぶことのできるプログラミング学習サイトです。

PyQのメリットは以下の5つです。

pyQのメリット5選
  1. 学べるプログラミング言語がPython
  2. 文法だけでなく、機械学習やWeb開発も学べる
  3. 環境構築がいらない
  4. プロに質問ができ、PyQに投稿された過去の質問の閲覧もできる
  5. 目標の実績に対して、しっかりとしたコースが用意されている

PyQはPythonの文法だけでなく、機械学習やWebアプリケーション開発を実務レベルまで学ぶことができることが最大の特徴といえるでしょう。

さらに、質問サービスや環境構築がいらない、丁寧な解説から初心者、過去にプログラミングに挫折した方にもオススメできるものとなっています。

 

ただし、デメリットとして注意点があります。

PyQのデメリットは以下の4つです。

PyQのデメリット4選
  1. プログラミング言語がPythonしか学べない
  2. 就職、転職のサポートがない
  3. スマホでの学習は不可
  4. 銀行振り込みに対応していない

 

PyQでPythonを学びたい、機械学習やWebアプリケーション開発の実績を作ってみたいと思った方は、早速学習を始めましょう。